香典のお金がない

お金が必要(若者)11

葬儀は突然出席の必要に迫られることもあります。

たとえば最近ほとんど会っていない家族や得意先の場合、突然の訃報が届くこともあるでしょう。また不慮の事故によって、突然知り合いが亡くなってしまうことも想定できます。

急に葬式に出席することになって、香典を包みたいけれども持ち合わせがないという事態も十分想定できます。葬式に参列する際、香典をいくら包めばいいのか迷う人もいるでしょう。葬儀の相手との関係性によって、相場は違ってきます。

家族の場合、両親であれば5~10万円と多少多めに包む必要があります。兄弟であれば5万円、祖父母は1~3万円、そのほかの親族であれば2万円を上限として金額を考えればいいでしょう。

会社関係の場合、上司や同僚は5000円から1万円、その家族なら3000円から1万円が相場となります。このようにそれなりのお金を包んで葬式に参列する必要があります。

急に数万円用意しろといわれてもなかなかそうもいかないという人もいるはずです。その場合にはキャッシングで借り入れすることも検討しましょう。

午前中までに申し込み手続きが完了して審査通過すれば、夕方ごろまでには自分の口座に必要なお金が振り込まれています。

その日夜の通夜にも香典を持って参列できるでしょう。

関連:祝儀のお金を借りる